BRANDS SECTION-1

THE CASE FACTORY

ABOUT US

The Case Factory はストックホルムに拠点をもち、 スマートフォン、タブレット用のハンドクラフトのレザーケースやカバーを作っています。
スマートフォン、タブレット用のケースは、保護するという用途以外に、今やファッションアクセサリーのように自分のスタイルや好みを表現する方法となっています。
現在、年に2回~4回、カラー、テクスチャ、パターンなどのトレンドを取り入れたコレクションを紹介しています。
レザーケースは、多くのフランス、イタリアの有名高級メゾンが使用するイタリアのタンナリーで生産される高級レザーを使用し作られています。
我々のユニークでエクスクルーシヴな製品には、常にハンドクラフトのベストなレザーが使用されており、全てのレザーは原皮から耐久性のある素材に作り替えるのに30〜40日の手間暇がかけられています。
高級レザーを使用し、1点1点ハンドメイドで作られたケースは、高級メゾンのBAGと同じような素晴らしいクオリティーを誇っています。
オーストリッチ、キルティング、リアルパイソン、リザードの型押し等幅広いラインナップがあり、男性にも女性にもお勧めしたいアイテムです。
また、デザイン大国SWEDENに於いて権威のある賞の一つ“THE GOLDEN BUTTON”にて2014年、年間最優秀アクセサリー賞を受賞し、SWEDEN王室のマデレーン王女・ハリウッド女優のユマ・サーマンも愛用している事から、現在SWEDEN国内のみならず世界中で注目を浴びております。

 

OUR HERITAGE

The Case Factoryのクリエイティブインスピレーションと製品の伝統は、私たちのイタリアのファミリーの歴史に遡ります。
The Case Factoryの<Angela Martarelli>の曽祖父が、1927年にサヴォイア王の為に列車のワゴンのインテリアをレザー製で作ったことにより、ファミリーの会社<Nazareno Gabrielli>はイタリアですぐに有名になりました。
その後、会社は急激に成長し、イタリア製のハンドクラフトレザー製品において最もエクスクルーシヴな会社であるとまで言われるようになりました。
<Narareno>の世代ではレザーを供給していたタンナリーを吸収し、その後すぐにファミリーはレザー家具で世界的に有名なPoltrona Frauも吸収しました。
ミラノの証券取引所に上場されるまで、会社は <Angela>の叔父により運営され、今日ではPoltrona Frauの他にCappellini, Cassina, Thonetといった国際的に有名ブランドを所有するまでになりました。

 

OUR LEATHER

イタリアにはユニークな伝統と高品質な革を製造する知恵があります。
私たちは高い品質を保証するために、我々のファミリーが経営し、世界の有名ブランドに供給しているイタリア有数のタンナリーからの特別なレザーを使用しています。
原皮から耐久性のある素材に作り替えるには、現代のテクノロジーと機器を組み合わせても30~40日はかかります。
それと同時に、可能な限り、私たちは植物なめしの製法でできた革を使おうとしています。それは伝統的な方法というだけではなく、もっとも自然で環境にやさしいなめしの種類だからです。
またそれは、私たちのサプライヤーの製造過程が環境に影響を与えないよう厳しく監視されているからです。
自然のタンニンでなめされたレザーは、生物化学という特性から、製品生命の最後に簡単にリサイクルされます。
なめし作業の中での多くの物質がリサイクルされ、異なる分野で再利用されるからです。

 

OUR STORE

2012年10月にストックホルムのNybrogatanにお店を構えました。