BRANDS SECTION-1

CAUSSE

Brand Profile

1892年創業の老舗グローブブランド。

100年以上もの間受け継がれている伝統・ノウハウによって、多くの一流ブランドの製造を手掛けるようになりました。

革のなめしとグローブ製造のメッカでもある南フランスの小さな町、ミヨーには、400年以上もの伝統があるタンナーが集結しており、皮を知り尽くした職人によって作られた最高級のレザーを使用し、自社工房で作られる非常にハイクオリティーなグローブは世界中で支持されています。

Hermes、GIVENCHY、Yves Saint Laurent、MAISON MARTIN MARGIELA、GUCCI など数々のビッグメゾンのグローブの製作を手がけていることでも有名です。

ブランドを立ち上げた当時から創業者、Paul Causseは創意性、卓越性を好み、今日ではパリの中心部に、コンテンポラリーなデザインとエレガンスさを兼ね備えたブティックを構えています。

有名な建築家Jean Michel Wilmotte(ジャン ミッシェル ヴィルモット)によってデザインされたブティックでは、メンズ、ウィメンズコレクションどちらもご覧いただけます。

 

The history of the House of Causse is part of the epic of the great glove manufacturers of Millau, heirs to the prestigious know-how which the little French town made its specialty over the centuries as it became the world centre of glove-making.

At Millau, historically a Mecca for tanning and glove manufacture, the tanners have for centuries held the secret of fashioning the material so that the glove is like a second skin on the hand.

Founded in 1892, the House gradually acquired nobility in the eyes of the great couturiers and the most prestigious fashion houses thanks to its exceptional know-how.

From the start, the Causse has shown a certain penchant for inventiveness and excellence and today it offers a joyful vision of the glove in opening the doors of its first Paris boutique.

It has chosen to present the gloves of its collections in this refined setting whose contemporary design, dedicated to elegant men and women, is the fruit of the imagination of architect Jean-Michel Wilmotte, also responsible for the new Causse factory.